こどもの病気・悩み 知っておきたい病気のいろいろ

ぜんそく(気管支喘息)

夜になるとせきがとまらなくなる、呼吸をするたびにゼーゼー・ヒューヒューといった音(喘鳴:ぜんめい)がして眠れないなど、呼吸困難の発作を繰り返すのが気管支喘息です。
はじめのうちは風邪のせきが長引き、喘鳴(ぜんめい)が混じった呼吸をしていることが多いのですが、風邪のたびに同じ症状になったり、風邪をひいていなくてもせきが出やすくなったりする場合はぜんそくが疑われます。
ぜんそくのお子さまは気道(気管・気管支)に慢性的な炎症があります。また呼吸困難の発作を繰り返すことで気管支が敏感な状態になり、さらに繰り返すと気管支が硬く、細くなった状態で固定してしまいます。そのため、いかにぜんそく発作を予防して気管支の過敏性を改善し、お子さまのうちに完治させることが大切です。

ドクターからのメッセージ

ぜんそくの発作は冷たい空気や線香、花火、たばこの煙などが原因で起こることもあります。わずかな刺激でも強く反応してしまうので、日頃から気をつけてあげましょう。

アレルギー

生後2ヶ月くらいから赤ちゃんの頭や顔、首などにカサカサ、ポツポツしたかゆみの強い湿疹がみられる事があります。
スキンケア・薬物療法で改善せず、症状が2ヶ月以上長引く場合『食物アレルギー』が原因かもしれません。
食物アレルギーとはある特定の食物を食べたり、飲んだりする事によって引き起こされるアレルギー反応です。
症状はさまざまで、まず、せきやぜんそくなどの呼吸器症状、じんましん・湿疹などの皮膚症状、嘔吐や下痢などの消化器症状がみられます。
原因となる食物は、卵、乳製品、小麦が多く、食物アレルギーを放っておくと、症状が悪化したりして治りにくくなったり、アナフィラキシーショックといって、意識を失ったり呼吸困難を伴う命にかかわる症状を引き起こす事もあります。
そのため、出来るだけ早く診断をつけて適切な治療を受ける事が大事です。
特に乳児は食物アレルギーが原因で「アトピー性皮膚炎」を引き起こすことがあります。ご家庭でのあいまいな食物制限は赤ちゃんの成長、発達に著しく影響します。早めに医療機関までご相談ください。
アレルギー検査としては、『血液検査』が一般的です。
一回の採血でどの食物に対してアレルギー反応を起こす可能性があるかを調べる事が出来ます。

ドクターからのメッセージ

食物アレルギーは適切な診断・治療により改善できる病気です。
専門医のもとで早期に原因となる食物を特定し、正しい指導を受けましょう。
各種アレルギー検査は月・火・水・金・土曜日の午前中に予約なしでも受け付けますが、10時半までに来院をして下さい。

手足口病

手足口病はウイルス感染症です。症状としては38℃前後の発熱が1〜2日続き、口の中や手の平、ひじ、足、ひざ、肛門のまわりにブツブツと赤い発疹や水泡ができ、1週間前後続きます。
一般的には軽い感染症ですが、プール、海水浴、炎天下での激しい運動など、無理をして体力が落ちると、ごくまれに脳炎や髄膜炎を起こすことがあります。高熱と嘔吐、頭痛があるときは入院設備のある病院を受診してください。

ドクターからのメッセージ

安静を保ち、無理をせず食べられるものを与え、水分を十分にとるようにしてください。