こどもの病気・症状 名古屋市西区のきとう小児科医院 日曜診療こどもの病気・症状 名古屋市西区のきとう小児科医院 日曜診療

水いぼ

■水いぼ(伝染性軟属腫)って?

水いぼは夏に流行しやすい、皮膚の病気で小さないぼ(軟属腫)ができる病気です。感染力が強く、一度できると全身に広がりやすい病気です。伝染性という名前の通り、ウイルスへの感染が原因となる病気ですが、いぼができる以外に特徴的な症状がなく、初期には見落としやすい病気でもあります。

 

■水いぼ(伝染性軟属腫)の原因

伝染性軟属腫ウイルス(ポックスウイルス)が、皮膚の毛穴やけがや乾燥などで傷ついた箇所に感染することが原因です。肌からの感染症のため、慢性的な湿疹やアトピー性皮膚炎を抱えている子どもでは、肌のバリア機能が低下しており、感染・発症しやすいともいわれています。

いぼの中にはウイルスを多く含んだ水が溜まっており、いぼを触った手で手や足など体の他の部分を触るといぼはどんどん広がっていきます。感染力が強いので、いぼを触らないようにすることや、プールや水遊びをする際にビート板やおもちゃ、タオルの共有を避けて周りの人に移さないことも大切です。特に夏は肌の露出が増えるため、流行しやすいのです。

 

■水いぼ(伝染性軟属腫)の症状

水いぼは、

・2~5㎜程度

・中に水を含んだように見える

・光沢がある

・肌の色と変わらない

といった特徴があります。

痛みやかゆみはありませんが、いぼが次々と全身に広がっていきます。

 

■水いぼ(伝染性軟属腫)の治療

水いぼの治療は大きく分けて3つあります。

  • 薬を飲む・塗る

ヨクイニンという飲み薬を服用して治療したり、抗菌効果のある薬を塗って治療したりします。子どもの体への負担が少ないというメリットがあります。

  • 水いぼを摘除する

いぼのある患部に麻酔テープを貼ってしばらく待ってから、ピンセットで摘除したり、液体窒素で水いぼを凍結させたりして摘除します。痛みや出血を伴うため、よほど急ぎで治療しなければいけない場合を除き、おすすめしません。当院では実施していないため、皮膚科を紹介いたします。

  • 何もしない

水いぼは放っておくと1年程度で完治する病気といわれており、摘除には痛みや出血を伴うこともあるため、何もしないことも治療の1つです。ただし、感染力が強い病気のため、周りの人に移さないための予防や治療も大事だと考えています。